空と文字(FIELD)

コーヒーミルを買い換えましたぁ〜!



前のコーヒーミル 我が家では夫婦してコーヒーが大好きです。朝起きてまずコーヒー。食事が済んでコーヒー、家に帰ってまずコーヒー・・・と、お茶代わりに飲んでいます。

 そんな我が家に、昨年知り合いよりコーヒーミルがやってきました。お休みの日の朝には、家内がごりごりと台所で挽いています。それが次第に調子悪くなり、とうとうねじ山がつぶれてしまい粉の荒さの調節が出来なくなってしまいましたので、新しく買い換えることにしました。

新しいコーヒーミル 前のはKalitaのちっちゃなものでした。今回選んだ物は、台湾製の丸いちっちゃな物です。たまたまかっぱ橋に出かける機会がありましたので、コーヒー関係を扱っている「喫茶厨房器具のユニオン」と言うお店で買ってきました。コーヒーミルも大きい物から小さな物までたくさんあり、家内はかなりどれにしようか迷っていました。粉を取り出すところが、引き出し式だと静電気でくっつくのかなかなか粉が出てこないことがあるので、今回は引き出し式の物は避けてみました。結果、またもやKalitaですが、丸い物です。ミルの構造は殆ど同じ様です。

 買って帰って調整の後、早速挽いてみました。ばっちりばっちり!以前より細かく粉が挽けます。しかぁ〜し!本体が丸いので、ハンドルを回す際にちょっと押さえづらいです。結局足で挟んで押さえておいて、ごりごりするのがちょっと行儀悪いのですが一番楽なようです。




届いたハワイコナ2種類 先日インターネットでコーヒーの豆を注文してみました。と言うのも、一昨年頃、ハワイコナを飲ませて頂いたことがありまして、そのときに飲んだハワイコナがすごく美味しかったんです。それ以来ハワイコナをあちこち飲み比べています。今回注文したのは、ハワイコナの専門店の様でして、発注後すぐに届きました。ローストレベルも、ミディアム・ミディアムハイ・シティ・フルシティ・フレンチ・イタリアンと色々と注文できるとのことです。今回はお任せでお願いしました。

 今回コーヒーを注文したのは【楽天市場】のムウムウコーヒーです。
詳しくはをご覧下さいね。びっくりするほどすっごく値段の高いものから、お手頃な物まで数々揃っています。

 今日は、この豆を早速挽いて飲んでみました。おぉ〜!美味しいです。以前飲んだハワイコナとはちょっと違いますが、世田谷の水道水で入れたコーヒーですから、そこは仕方ないかな?わっはっはぁ〜!

さぁさぁ〜!ハワイコナですぞぉ〜!やかん と言うことで、我が家ではコーヒーでも色々と楽しんでいます。コーヒーの情報もぜひぜひお寄せ下さいませ。

 その後数日して、家内は実家からやかんを貰ってきました。まさにコーヒー豆にお湯を注ぐのにうってつけの格好をしています。




 ある日、家内が友人と食事に出かけて、小さな電動ミルを見つけてきました。家内によると、食事に出かけたそのお店で使っているそうです。そのお店の方にお話を伺ってみると、東京の合羽橋のお店で購入されたそうです。

 うちの家内、以前も電動ミルが欲しいと言い出したことがありまして、その際はオークションなどで探してみましたが、値段も良いお値段だったんですけど、それよりも大きさが問題で、買うのを止めたことがあります。このとき見ていたのは、喫茶店などによく置いている、大きなミルです。

 で、今回はまさに夢に描いていた大きさ・形だったようでして、自分で検索かけて調べていました。結果、今回購入したのは、株式会社 珈琲屋「一進流珈琲屋」です。早速注文したのは言うまでもありません・・・が、このお店、ご発送いただくのも速攻でして、早くも今日手にすることが出来ました。

 で、買ったのは、フジローヤルみるっこDX なるコーヒーミルです。みるっこDX

 右の画像、ちっちゃいのですが、形は喫茶店のあれに似てるでしょう!いやいや、これが欲しかったんですよぉ〜!

 と言うことで、早速珈琲の飲み比べです。みるっこDXで挽いた豆を、サイフォンで入れてみたり、ドリップで入れてみたりと、楽しんでみました。

珈琲工房やまぐち そうそう!昨年でしたか、一昨年頃からでしたか、我が家がはまっている珈琲豆屋さん、珈琲工房やまぐちです。ここのお店、ご自分で焙煎されていまして、かなりの気合いが入っているお店です。機械を入れ替えてから、焙煎が若干甘くなりましたが、僕にとってはこれがちょうど良い感じです。お値段の割に、大変美味しい珈琲です。
  2007年7月7日記





戻る
我が家の台所

水車小屋のライン
(C) 1999 Onishi, All rights reserved.